2011年06月05日

かなり売り時でショート優勢の感がありました。

昨夜のオープンはGBP/JPYが安値113.116円まで下落し、その後は113.766円まで買い戻され、かなり売り時でショート優勢の感がありました。


50日移動平均線を抵抗線に高い価格帯でもみ合いしていましたが、終値が陽転したことで、短いレンジ相場の底値が視野に入ってきます。


5分足のローソクチャートを見てみると、緩やかな上昇気味が続いた後、大きな陰線に続けて小陽線が収束するはらみ線で、過去2時間の中に上げ三法らしき兆候が伺えます。


移動平均線から判断すると緩やかな上昇トレンド状態と見受けられます。


50日平均より短期平均線が上部で推移しており、短期平均線は明らかな上げ気味で、50日平均は緩やかな下降傾向です。


先週の経緯を判断すると、エントリーするべきか悩んでしまいます。


ストキャスティクスで予測すると、売られ過ぎ圏で下落したものの、さらに安値を狙うチャートが高まってくるでしょう。


そのときはあれこれ考えずエントリーだと思います。


再び値足がゴールデンクロスしたことで抵抗線を下回るかどうか注目されます。


口座資金管理だけはきちっとやって、FX業者に自動決済を食らわないように建て玉を保っていきます。




おすすめの記事

サイバーエージェントFX

http://gaitameol7.seesaa.net/article/198112880.html

外為オンライン

http://gaitameol7.seesaa.net/article/197436173.html

サクソバンクFX

http://gaitameol7.seesaa.net/article/197261880.html

FX法人

http://gaitameol7.seesaa.net/article/197095944.html
posted by すず at 19:33| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。