2011年04月20日

長中期レンジ相場の下限が視野に入ってきます。

朝のマーケットインのEUR/JPY相場は114.866円の買い価格で、やや売り時の感がありました。


少し前に新値足が陽転したことで、長中期レンジ相場の下限が視野に入ってきます。


30分足のローソクチャートでは、激しい下落基調がしばらく続いた後、高値が揃った毛抜き天井で、過去2時間の中に三空のようなチャートが伺えます。


移動平均線から判断すると明らかな暴騰です。


20日移動平均線より5日移動平均線が下部で移動していて、どちらの平均線ともに下降トレンドです。


過去の結果から思うと、とりあえず考えずオーダーをして大丈夫だと思います。


スローストキャスティクスで判断すると、50%より下の部分で%KがSDをクロスする直前で、デッドクロス直前です。


とりあえず考えずオーダーをして大丈夫だと思います。


再び値足がゴールデンクロスしたことで抵抗線を割り込むか注目されます。


下手に上限を意識しすぎて、含み損になるような建て玉にはならないように気をつけようと思います。


《FX初心者》元金融OLが失敗したFXの原因のまとめ
【外為】FXの初心者でも安心のFX徹底入門です。
http://fxg.jp

posted by すず at 16:33| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。