2009年11月16日

20日移動平均線は緩やかな下落気味です。

一昨日のオープンは米ドル/円が一時高値91.64円まで上昇し、やや売り時な気がしました。


1時間足のローソク足から予測すると、緩やかな下降傾向が少し続いた後、先の陽線を陰線が覆う陰線つつみ足で、過去3時間の中に酒田五法で言うところの上げ三法に見える傾向が伺えます。


上値は一目均衡表の基準線や長期移動平均がサポートラインとして働きました。


ひきつづき、一目均衡表の厚いクモを底に安い価格帯で推移していますが、少し前にローソク足が陰転したことで底を突破するかどうか注目しています。


SMAから判断するとはっきりと下降相場と見受けられます。


10日平均線が20日移動平均線より上で推移しており、10日平均線は明らかな上昇トレンドで、20日移動平均線は緩やかな下落気味です。


先週の実績を考慮すると、取引した方が良いかどうか心配になります。


ボリンジャーバンドは2σ圏に突き抜けたものの、50日移動平均線のレジスタンスのためにトレンドが消えた感じです


今回は強気で取引をしてみようと思います。


この先の相場の値動きは注目です。


posted by すず at 09:33| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

過去1時間前までに酒田五法の三川らしき様子が伺えます。

昨日のマーケットインのポンド円相場は136.21円の売り価格で、三川を示して予測しやすいローソク足を形成しました。


再び終値が陽転したことで抵抗線を下回るか注意が必要です。


日足のローソク足を見てみると、緩やかな暴騰が続いてから、高値が揃った毛抜き天井で、過去1時間前までに酒田五法の三川らしき様子が伺えます。


SMAで兆候を見てみると激しい上げといえます。


10日移動平均線が30日平均より上部で移動していて、10日移動平均線は明らかな上げ基調で30日平均は下げ基調です


昨日までの成績を考えると、取引した方が良いかどうか心配になります


ボリンジャーバンドは-1σ圏辺りで移動し、一目均衡表の基準線がレジスタンスラインとして働いたことで、短期的に底堅い状況を認識できました。


今回は反射的に取引だと思います。


昨日のポンド円相場は若干方向感がないので今後は激しい展開になりそうです。


posted by すず at 02:47| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

また安値を試す機会が見えてくると思います。

前回の取引のマーケットインはポンド円が一時133.48円まで下落し、その後135.97円まで買い戻され、かなり買われ過ぎの感がありました。


1時間足のローソクチャートを見てみると、はっきりとした下落が続いてから、先の終値から大きく下落した出会い線で、過去3時間前までに酒田五法の三空踏み上げのような傾向があります。


底値は一目均衡表の薄いクモや短期移動平均線がレジスタンスとして動いています。


短期移動平均線をレジスタンスに高い水準でもみ合いしていましたが、少し前に新値足がゴールデンクロスしたことで、長いレンジ相場の下値が視野に入ってきます


先週の結果を判断すると、こういう相場は勢いでオーダーをしてみようと思います。


スローストキャスティクスで判断すると、売られ過ぎ圏は推移したものの、また安値を試す機会が見えてくると思います


こういう相場は勢いでオーダーをしてみようと思います。


自動決済を受けないようにレートの管理だけは確実にやって、ポジションをキープしていきます。


posted by すず at 17:33| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。